心理カウンセラーになるためには

あなたは何かのカウンセリングを受けて、解決の糸口が見つかったり心のモヤモヤが晴れたりした経験はありませんか?
心理カウンセラーは人の役に立つことが出来る仕事です。
実は心理カウンセラーという資格自体は存在しないのです。
そして一口に心理カウンセラーと言っても臨床心理士、精神保健福祉士、認定カウンセラー、心理相談員などその種類は多岐にわたります。
公務員として働く方法や企業や学校のカウンセラーとして働く方法、国家資格を取得して精神保健福祉士として働く方法などがあります。
現代では子供からお年寄りまで幅広い世代がさまざな悩みや不安を抱えて生きています。
そうしたこともあり年々心理カウンセラーは社会から求められ、需要も増してくることでしょう。
心理カウンセラーの中でも特に需要がある臨床心理士は近々国家資格化の話も出ています。
国家資格とは
国家資格を持っていると国から職業的地位を保証されていますし、社会的にも信用度が高いです。
心理カウンセラーになりたいと思っておられる方は心理系のボランティアやアルバイトの経験などを積んでおくと良いでしょう。
雇用主に対して資格だけではなく、あなた自身の人柄やスキルなどもアピールできると就職時に強みになることでしょう。